近況報告。マウイ島に今日お引越し

本日マウイに到着しました

こんにちは
昨日までアイボー両親の家に滞在してましたが、こちらは台風で豪雨。ピックルボールは勿論、外出もできませんでした。でもカリフォルニアは何ヶ月も干魃(かんばつ)が続きホントなら恵みの雨というところ。ですが、カリフォルニアの人たちは雨に慣れてないため、高速では事故が多発、街は道路等で雨用の水捌け対策とか全然できてないためあちこちで洪水が。
そしてその雨の中私とアイボーは30分ほど車運転して帰宅。大急ぎで荷造りして本日朝4時起床。朝5時半に家を出発して、いつもならサンフランシスコ空港からマウイ島に飛びますが、今回は飛行機の都合で車で1時間ほどのサン・ホセ空港からマウイへ飛びました。
上の写真は購入した古いコンドミニアムの(ほぼ)全景です。
下の写真は昨年他界してしまったアイボーの息子サミーの代わりの”Banana”です。いつも旅行に連れて行きます。

サミーが幼かった頃にビルダ・ベアーで作ったこのお猿さん。ぬいぐるみの中には赤いハートが入っています。
マウイ島の西側が見えて来ました。あと数分で着陸です。写真ではちょっと見にくいかもしれないけど島を縁取るように道路が引かれてます。この海岸線の道路を走るととても気持ちが良いです。冬季には車の窓からあちこちでジャンプするクジラの家族を見ることができます。なので冬季は少々運転に注意が必要。
機内の窓から自分の乗っている飛行機の影を撮影。もう直ぐマウイの空港に到着です。
影が大きくなって来ました。あと20秒くらいで滑走路に着陸します。

今回は旅行じゃなくて長期滞在〜引越しとなるわけで。なので荷物は多いです。。。。と言っても、実は多くの荷物はすでに宅急便で送付済み。写真右側二つの大きなバッグにはアイボーのウインドサーフィン&ウイングサーフィンの道具が入ってます。写真右奥の二つのスーツケースは、写真ではわかりにくいけど色違いの同じでワイン専用のスーツケースです。1スーツケースに12本のワインを入れられるので24本マウイに持ち込むことになります。このワイン専用スーツケースのレビューは私のこのブログで書いていますので、興味のある方はチェックしてみてください。 ちなみにアメリカでは2021年10月現在5つの”ワインで有名な”州に限り一人1ケース(12本)まで他の州に飛行機で運ぶことが許されています。ワインで有名なナパ・バレーなどのあるカリフォルニアもそのうちの一つ。なので私とアイボー二人で最高24本まで州外に持ち出せるわけです。自分たちのファミリー・ワインを製造しているアイボー家族にはありがたいお話です。

いつもマウイではアイボーがサーフボードなどの大きな物を積んで移動するためなるべく大きなバンとかをレンタルしてましたが、今回は初めてピックアップ・トラックをレンタルしました。何ヶ月もレンタルすると高いので、今安いトラックかなんかを購入しようかと考えています。トラックの二台は私たちの荷物でいっぱいになりました。

このトラック、でかい! 私も運転することになるわけですが、私は普段ミニクーパーを運転してるので、慣れるまで時間かかりそう。

さて、上の写真ですが、白丸部分が私たちの購入したコンドミニアムのユニットです。このコンド(ミニアム)はすごく古いです。築40年ほど。もっと新しくて綺麗なコンドは山ほどあります。でもここにはアイボー家族の30年来の思い出がたくさん詰まっている場所で、アイボーはここの小さなプールや目の前のビーチで3人の子供たちに泳ぎを教えたりテニスをしたりして来ました。コンドのマネージャーのレスリーはアイボー家族と30数年の付き合いで、私たちやアイボー両親がここに到着すると(自分の)”ファミリー”と呼んで本当によくしてくれます。  そして今は私はピックルボールが大好き。アイボーは車に乗ったり道路を横切ったりせずに、朝起きたらすぐにパドルを担いで間の前のビーチでパドルボードができるしテニスもピックルボールも目の前(少々近過ぎるという話もあるが、、、、朝からピックルボールの音がカンカンとかなりうるさい)〜このロケーション以外に私たちのニーズに合う場所はないのです。上の写真ですが、ピンクの矢印はテニスコート、水色の矢印はピックルボールコート。現在固定コートが4面そして簡易コートをさらに4面足すことができるので合計8面になります。緑の矢印がアイボーが朝風や波がない時間はパドルボードをし、少し風が吹けばウィングサーフィン(フォイルサーフィン)を、風がかなり吹けばウインドサーフィンをする海です。家からピックルボールコートまでは徒歩10秒以内です!!! こんな理想的な場所が他にあるでしょうか!?  これだけの好条件が揃ってるので古さや狭さ(2ベッドルーム+2バスルーム)は気になりません。 

この写真は私たちの上の階のユニットのラナイ(テラス)からの眺めです。 2階や3階からの眺めは1階より素晴らしいのですが、私たちの場合アイボーのサーフボードややたらとでっかいパドルボードを家から担いでビーチに行くので、階段の登り下りのない1階のユニットでなければならないのでした。
これも上の階からの眺め。テニスやピックルボール・コートも上から見下ろせますね。
芝生のエリアはいつも沢山のペットの犬たちが散歩しています。 ここではみんな(人間たち)芝生に寝転がったり芝の上でヨガをしたりするので、犬のフンは飼い主の責任で常にきちんと始末されます。
マウイ到着の本日の夕日。5:55pmが本日の日没でした。この日没も我が家のリビングやラナイから毎日見ることができます。それは素敵なのですが、日が沈む1〜2時間ほど前からリビングルームはめちゃくちゃ眩しい日の光が差し込み目を開けてられないほど。そして部屋の中はめちゃ暑くなります。勿論エアコンを取り付けたけどアイボーはマウイでは”自然のまま”を好むのでエアコンつけたがりません。なので夕方は家の中が温室みたいになります。

こんな感じで、良い所も悪い所もあるわけですが、世の中の全てのこと同様 ”自分にとって何が一番重要か。何を最優先に考えるべきか?” を考えたら結果的に「色んなネガティブ面を考慮しても自分たちにとって購入価値がある。」となりました。

皆様も自分のたった1度の人生で本当にやりたいこと、行きたいとこ、チャレンジしたいこと、住みたい場所などがあれば、思い切ってそれを最優先事項に考えてみてはいかがでしょうか?
私の場合は、今まで4つの国(4都市)に住んで30ヵ国以上に旅した経験から「結局のところ私はどこに住んでもあまり変わらずどこに住んでもなんとかやって行けるだろう」と、住む場所や訪れる場所に対し非常に楽観的で、”できれば英語か日本語が通じる””第3諸国ではない”国であればどこにでも住めると思っています。 私は「どうなるか分からない時はとりあえずやってみて、それから考える」タイプなのです。

さて、明日からピックルボールも再開します! 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
    >こころもからだも幸せに

    こころもからだも幸せに

    本当に大事なことは、自分自身と自分の愛する人たちの心とカラダの健康に気を配ること。どんな人でも”明日は何が起こるかわからない”のだから、今をキラキラと輝いて生きてゆきたい。